吃音とは

吃音(きつおん)と読む。知らない人は『初めて聞いた。なんだそれは?』と思うだろう。吃音がある人はうまく話せない。『……お、お、おはようございます』みたいな感じだ。話そうとしても言葉が詰まってうまく出てこないのだ。いくら音読など練習をしてもうまく話せない。そのため学校での発表会や国語の音読などは地獄である。噛みまくり周りからネタにされ笑われて誰も理解者はいない。それがトラウマになり悪循環に陥る。日本では成人の100人に1人の割合で吃音に苦しむ人がいる。俺はかつてホテルマンをしていたが吃音に悩まされ退職を余儀なくされた。もちろん能力不足や適性もある。しかし接客業という職業柄、吃音が原因であることは間違いない。周りに居ないだろうか、上手く会話ができない人。ひょっとしたら吃音者かもしれない。その人をバカにしたり笑わないでほしい。誰にも言えず1人で悩んで苦しんでいるかもしれない。手術や訓練で改善するケースもあるみたいだが仕事や学校、金銭的な理由でなかなかそこにいけない。これを読んだ人が1人でも多く、理解を示すことを期待していますす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer